転売で稼ぐ方法はもう古いのか

安く仕入れて高く売る。これが商売の基本とするなら、転売はそれに該当するのでしょう。

今はヤフオクやメルカリなどを使い、インターネット上で日本全国のネットユーザーがお客さんになるのですから、転売のしやすい時代であるのです。

しかしこの転売を生業にするのは簡単ではありません。

例えば1000円で仕入れることができる商品が2500円で売ることがわかりました。

1つ売れれば1500円の利益が出ますが、送料を相手に支払ってもらう販売だとしても、梱包する資材、梱包する時間、発送処理をする時間、これらはある程度掛かります。

例として1500円の利益から資材費を引かないとして計算してみましょう。1日に10個仕入れて、10個売れれば日給15000円。

これなら何とか暮らせそうですね。

しかしそんな商品はそうそうないのです。では転売で稼いでいる人はどうしているのでしょうか。

これは利益が出るという商品のリストを時間を掛けて探す、教えてくれる塾に入る、などなどお金や労力を掛けて探しているのです。

うわー転売ってそんな簡単じゃないんだ。

そうです、数百円の利益でも出るならやる、そんな商売です。一人ではさばけない量を売れるようになれば人を雇いますが、人件費はとても大きいです。

しかし転売は考え方によっては時間を掛けずに副業としてできます。価値のわからないものをは売れば良いのです。

少しだけヒントを書けば、コーラの相場はわかるけど、石の相場って難しいですよね。もうこれは答えですかね。