七ぷる練とし木のまオルドたのゴウ

夏の豊島園を楽しむ方法。私は生まれてすぐに豊島園の近くのアパートで両親と暮らしていました。その後も練馬区で幼少期を過ごしたこともあり、両親には何度も豊島園に連れて行ってもらった記憶があります。
豊島園には木馬の会と言う年間のフリーパス券があります。今はどうかわかりませんが当時は水色のカバーに入った自分の写真入りの木馬の会を入場口や、乗り物の入場口で見せることによって言葉通りフリーパスで何でも乗ることができました。夏休みの間には、おそらくですが週に2、3回は豊島園で遊んでいたと思います。
時が過ぎて今豊島園はシステムが色々と変わりました。当時からあったプールは今では入り口が複数に増え、入場口から10分近く歩かないと入れなかったプールにアクセスはしやすくなりました。
また水着を着用したまま乗り物に乗ることが許可されているので、乗り物に乗って汗をかいた状態でプールに入るのも1つの方法です。
豊島園の開演時間は確か10時位なのですが、夏のプール営業期間は開演からすぐにプールは大混雑します。朝の10時からお昼の2時位までは、まさに芋洗いのような状態が流れるプールでは起こります。
そこでオススメなのが朝一での乗り物です。プールを出た15時ぐらいから夕方にかけて豊島園の乗り物は大混雑するのですが、朝10時のみんながプールに行っている時間では、シャトルループやサイクロンなど人気のジェットコースターでもほとんど待たずに乗ることができます。こういった人気のアトラクションを気が済むまで乗ってから、午後3時ごろプールに行くととても空いていて開放的で私は好きです。
日焼けをどうしてもしたい!などの理由がなければこういったスケジュールはいかがでしょうか。出会い系 高松